ma*nani通信Akemingのステキな日々


2015年9月のma*nani通信

IMG_4944.jpg

 

何度かブログに掲載している写真だけど、

2010年6月の私。
 
がんのオペをした1~2週間後?かな?
 
このホムパは、復活祭upと勝手に称してる。
 
「残念ながら、しこりは悪性です」と告知された日、
 
同じ病気で亡くなった母を思い出して「死ぬかもしれないshock」って思ったんだけどね|д゚)
 
新たな命をいただいたんだねshine
 
この笑顔happy01を見て。
 
がんをやっつけた後なのでからだが疲れたんだろうか?痩せちゃってるけど、私の無事を祈ってくれたお友達にお料理をふるまうのがうれしくてうれしくて。
 
元気に復活した証に何かしたかったんだね。
 
その「何か」は、お料理をふるまうことではないの。
 
お料理をふるまうことは眼に見える行為。
 
私は、眼に見えない「何か」をしたかったんだと思う。
 
さて、それはなんだろうか。
 
私は、写真のこの顔でそれをまっとうしているのがわかる。
 
 
この私、幸せそうだな~heartって自分でも思う。
 
私のアタマの上にお花がクルクル回ってるのが見えるcutetyphooncutetyphooncutetyphooncutetyphoon
 
撮ってくれたさきちゃん、Happyショットをありがとう。
 
この写真を見ると、心があったかくなる。
 
ここが私の基本なのでね・・・
 
初心に戻れる写真。
 
病後で体が弱っていても心は健康。
 
懐がさみしい時だって心は豊かに。
 
 
しかし、写真の私は、この後に起こること、なんもわかっていないんだからね(;^ω^)
 
この後の数年がたいへんだったなぁー。。。
 
それを思うと、今はなんと幸せなことか・・・
 
時々、朝目覚めると
 
「あれ・・・、今日は何か解決しなきゃいけない嫌なことあったっけ・・sad」って、一瞬、ブルーになるんだよね。
 
過去の数々のトラブルのトラウマなのかね(-_-;)
 
で、「あ!そうか!とっくに解決してるんだった(;´∀`)」って気づくと、と~っても幸せな気持ちになれるのw
 
神様~ありがとうございます、私、がんばりますrockup
 
って思えるのw
 
 
コツコツとがんばっていれば、「まっとうしたい何か」、きっとできると信じてる(*´ω`*)
 
揺るがない信念!
 
ファイト~~~(^◇^)v
 
 
 
 
あ~
 
私はあなたでよかったよ・・・
 
あけみさんよ、ありがとう。
 
気づいてくれてありがとう。
 
 
 
 
Akemingnew2.JPGのサムネイル画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

後片付け.jpg

 

昨日で9月のクラス終了。

後片付けが終わるとほっとします。

キレイに洗ったグラスを拭いて、順々にテーブルに置いていく。

グラス、きれいだなーheartって、我が家の持ち物に惚れ惚れ(笑)

 

そうそう、新しくオーダーメイドのカーテンつけました。

前の小さな家も、その前の大き目な家も、間に合わせのものをつけていたのですが、
 
今回オーダーメイドにしたのは、長く住まう家なのかもしれません。
 
 
今の家は、息子にも娘にも伝える間もなく、あっという間に決めて入居した家。
 
実は、去年のマレーシアの旅がきっかけで「引っ越したい」と強く思うようになり、
 
引っ越し資金や引っ越し先など何も考えずに、とにかく行動を起こしたところ、見つけた物件なのです。
 
不思議なことに、住まいたい地域の執着を捨てた途端に、家探しのサイトに出てきた物件でした。
 
気持ちを切り替えた途端に「パッ!」と出てきた物件だったので不思議な気持ちになりました。
 
「ここしかないかも」
 
そんな気持ちにさせられた瞬間でした。
 
で、その直感を信じて、勢いに任せよう、と思いました。
 
なぜならば、仕事がめちゃくちゃ忙しい時期だったので、躊躇したら終わり、と思ったから。
 
何か私をプッシュしてくれるものがないと、引っ越しのエネルギーがもたなかったのです。
 
それなので、戸惑いを払拭し、勢いを止めることなく進めることにしました。
 
 
休日に内見して、契約して、仕事の合間に荷物を詰めて・・・
 
目が回りそうなくらい忙しい時期の引っ越しだったので、火事場のバカ力を発揮した感じでしたw
 
でも、引っ越しの準備をしていた時、一筋の細ーい光を頼って歩いていた感じでした。
 
少々の不安もありながら、「ここを進めば何かが変わるかもしれない!」って期待と共に。
 
 
そんなわけで、直感的に唐突に越したので、長く住まうかどうか、など考えたこともなかったのです。
 
でも、今はここでがんばりなさい、っていう誰かからのサインなのでしょうね。
 
 
 
余談です。。。
 
越してから気づいたのだけど、今の家は、何年か前に不意に脳裏に現れたイメージ通りの家。
 
そんな小さな過去の時間に気づいた時、デジャヴのように感じました。
 
あ~、私、ここ、知ってたっけ・・・みたいな。
 
その映像を信じて、今はここを拠点にがんばろうと思いますscissors
 
 
1422055092565.jpg
 
 
ただ、一人暮らしには悪くない広さなのだけど、我が家はモノが多いので狭く感じてしまう。
 
カーテンは、少しでも広く見えるように、カーテンレールを無理矢理天井付け。
 
 
P9203499.JPG
 
 
トルコ製の布地を長めに縫製してもらい、フロアにずるずるとたらしてます。
 
透けるので、ロールスクリーンも取り付けました。
 
 
 
友人に「これ、採寸間違い?もっと短くしてくれればいいのにね」と言われて苦笑いw
 
わざと長くしたんだけどね。。。(;^ω^)

 

Akemingnew2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

1442212587058.jpg

 

アパレルの春コレクションの撮影打ち上げのランチを作りに茅ヶ崎まで出かけました。

私のお料理写真も撮ってくれているお友達のさきちゃんとあけぼちゃんのカメラ仕事の打ち上げ。

今回のお料理仕事は、さきちゃんが誘ってくれたのscissors

 

15人分のランチだったので、前日は朝から寝るまでキッチン立ちっぱなし。

そして、出張料理の翌日は9月のクラス初日だったので、けっこーハードでしたcoldsweats02

ただでさえ、クラスの前日は買い出しや準備で忙しいのです。

クラスに命かけてるので??余裕のないスケジュールは避けるようにしていますが・・・

私の好きなheart三浦りさ子さんの撮影打ち上げだったので、「絶対やりたーーいhappy02up

ってことで、自分を追いつめるがごとくwww

お料理をやらさせていただきましたshine

 

集合写真です。

 

1442269939188.jpg

 

スポーティフは湘南を拠点に都内、横浜に数店舗展開。

湘南発祥とあって、商品はナチュラルテイストでやさしい女性のイメージです。

りさ子さん着用のロングスカートも、りさ子さんの隣のスポーティフ社長の着用ロングパンツも同ブランド。

私もロングパンツが欲しくなった!

 

スポーティフのサイトでチェック!>>>スポーティフ公式サイト

 

お料理写真は、さきちゃんとあけぼちゃんから頂いたら改めてアップします!

 

皆さんに「美味しい~~~heart04」と喜んでいただけて、疲れも吹き飛びました!

りさ子さんのマネージャーさんに「からだに良い美味しいお料理をありがとうございました」と言われて、

前日からの仕込みの過程が走馬灯のように頭の中をクルクル回って、つい、うるっとしてしまったcrying

無我夢中でやってたので、急に我を取り戻して緊張がほぐれたんでしょうね。

がんばった甲斐があった・・・fuji

これからもがんばろーhappy02

 

1442269943235.jpg

 

追記)

りさ子さんは、JJ表紙に登場した時から私が好きなモデルさんheart01

お嬢さま女子大生というキャッチで表紙を飾っていました(たしか)

それから20年ほど経ち、

私がアメブロを書いていた時代、りさ子さんのアメブロは読者登録していてコメントも入れたこと有。

そのりさ子さんにお会いできて、お食事も作れたことは、とても喜ばしいことでしたshineup

 

Akemingnew2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

パンナコッタ.jpg

 

今月のクラスのレッスンで作るドルチェの試作ですbirthday

イタリアのマンマから習ったパンナコッタに私のエッセンスを加えました。

マンマはベリー系のフルーツを添えましたが、私は大人っぽく赤ワインで作るイチヂクコンポートを添えますheart

 

P9033295.JPG

 

さて、試作は一発で決まる時と、何度も作る時といろいろです。

これは二回試作してOK出しました。

最初に試作した時、冷やす時間を考えていなかったので、レッスン時間を考えて試作し直し。

ゼラチンの量を調整しました。

 

ところで、パンナコッタとイチヂクコンポートを合わせるとどんな感じか未知だったのですが、出来上がったものを食べて

「ボ~ノ~heartheartheart

その瞬間に「誰かにも食べて欲しい!!!!」って強く思いました。

で、思い立った時に浮かんだお顔が・・・

私は、慌ててもう一皿作って庭のミントを摘んでパンナコッタに乗せ、お皿にラップをかけて、その上にナプキンをかぶせて家を飛び出ました。

行先は、家から数分の酒屋さん。

私がいつもお世話になっている近所のお店です。

ファミリー経営の酒屋さんなのですが、奥さまがワインのエキスパート。

いつも優しい言葉をかけてくれて、癒される空間。

 

私は酒屋さんの客なのですが、こちらのご家族の方々にはとても感謝しているのです。

パンナコッタが美味しいって感じた時、酒屋さんの奥さまに召し上がっていただきたいって思いました。

奥さまは、損得勘定がなく、ワインを勧めてくれる時もご自身の選りすぐりを紹介したいって気持ちが大きいのです。

私もそういうところがあるので、安心して予算を伝えて選んでもらえる。

だから、きっとこの方なら、私のパンナコッタを美味しく味わってくださる!って確信できたの。

 

一人分のデザートを家のお皿ごと持っていくのって、勇気がいることでした。

美味しくないって思われたらどうしよう、とか、大家族に一人分?とか、そういった余計な気持ちが、私の思いを邪魔する可能性があったので、そういう邪魔が入る前にサンダルをつっかけて走っていましたw

 

そうして・・・

翌日。

無理矢理食べさせてしまったかな~という不安が急に出てきて(;^ω^)

出かけついでに酒屋さんに寄りました。

 

「昨日はありがとう。お行儀悪いけど、美味しくて皆で奪い合いだったわ」

と奥さまが笑いました。

社交辞令ではないってわかったので、ツッカケで走って持って行った甲斐があった!とうれしく思いましたcrying

 

そうして、うれしいことに、私の持って行ったお皿に奥さまが作ったエビマヨサラダを入れて返してくれたのです。

そのエビマヨサラダの美味しかったこと・・・

言葉で説明できない心で感じる美味しさが体中にいきわたりました。

奥さまの私への感謝の気持ちがエビマヨサラダに詰まっていたからです。

もちろん、味は完璧!

お箸が止まりませんでした。

お箸が止まらなかったということは、極上の美味しさだったってことの証明。

かなりの量でしたが、あっという間に平らげてしまいました。

奥さまが「昨日買ってくださったスパークリングワインと合わせてね」と言ってくれたのに、アルコールを飲む前に完食。

いつも自分が作るご飯ばかり食べているせいか、心のこもったお料理がとても美味しかった。

 

そこで気づいたのですflair

あ!これなのか!flairって。

 

皆が私の料理を美味しいって言ってくれるのは、この美味しさなんだ!!って。

 

味覚以外で感じる美味しさ。

それは、これなんだ。

 

だって、私は、一生懸命料理している。

自分は一生懸命って自負している。

でも、一生懸命作るのと美味しく作るのは違うんじゃないかなっていつも自信がなかった。

プロのシェフのような本格的なものは作れないし、技術もない。

でも、それでも美味しいって言ってくれる人がたくさんいるということは、味覚以外の感覚で味わってくれているからなんだな~って思えたの。

 

体感できてとてもうれしかったheart

 

だから、これからもがんばろう。

私には私にしかできないことがある。

自分にできることだけやればいいんだね。

 

てことで、がんばりますw

 

Akemingnew2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

P8213238.JPG

 

もう秋だけど・・・(^^;)

夏っぽいテーブルコーディネーションでしょwavesun

テーブルセンターはイタリアで買ったもの。

フィレンツェのイトーヨーカドー的なデパートにて。

イトーヨーカドー的。。。ってww

伊勢丹や西武デパートの規模ではない、ということです。

セールシーズンだったので、家庭用品売り場はほぼ半額!

あれこれ買い込みました(;^ω^)

 

このバスタオルたちも半額!

イトーヨーカドー価格がさらに半額なので、一枚千円ほど。

 

P8213241.JPG

 

夏っぽくて可愛いheart

石鹸もフィレンツェにて。

 

さて、海のテーブルセンターに乗せたお料理は、残り物の一皿。

そろそろやばいぞsweat01っていうタコとマッシュルームを使ってペペロンチーノ風味。

 

P8213236.JPG

 

器は、東京で買った有田焼。

イタリアで習ったドルチェを乗せたくて、阿佐ヶ谷の商店街で衝動買い。

イタリアで習ったドルチェは、パイナップルティラミス。

 

マンマのドルチェはこちらの写真。

P7161151.JPGのサムネイル画像

 

私は、マンマのレシピにココナッツミルクを加えて、ココナッツロングをトッピングしました♪

1439679734977.jpgのサムネイル画像

 

この洋風なドルチェを和の器に盛りたかったわけは、イタリアのマンマが柄物の器にドルチェを取り分けていたからです。

私が好きな食器は白、シルバー、ガラスなのですが、柄の入った器にドルチェというのが新鮮で、、、

 

P7161153.JPG

 

さて、話が脱線しましたが~

イタリアで買ったもの、の続きsign03

 

荷物.jpg

 

レシピブックはもちろん、ラザニアサーバー、ニョッキを作る時の板、生パスタ専用カッターなどなど。

自分に買ったものは、キッチングッズが多い!

マンマが使っていた便利そうなものは、ほぼそろえたし。

 

お料理と関係ないもの。

バチカンの礼拝堂で奮発して買ったのは。。。

ペンダントヘッドshine

 

P8022992.JPG

 

イタリア人のクリスチャン友人から贈られたオメダイを肌身離さずつけているけれど、そこに十字架をプラス。

 

そして、同じくバチカン宮殿で買った大好きなマリア様。

 

P8163175.JPG

 

そうそう、

映画「魔女の宅急便」で、キキが焼いていたお魚の形のパイを焼きたくて、こんなものもw

P8073125.JPG

 

キキが焼いていたのは、とても大きなパイだったので、これは小さすぎる!

お魚のムースとか、魚介のゼリー寄せに使おうかなflair

 

 

Akemingnew2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

manani


2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事一覧


最近のコメント

アイテム

  • P9203499.JPG
  • 1422055092565.jpg
  • 後片付け.jpg
  • 1442269943235.jpg
  • 1442269939188.jpg
  • 1442212587058.jpg
  • P9033295.JPG
  • パンナコッタ.jpg
  • P8073125.JPG
  • P8163175.JPG
フードソムリエにてレシピ公開中!
A's Kitchen
ma*nani通信Akemingのステキな日々
ma*nani通信Akemingのステキな40代
ペンフレンド
べイルアウト