ma*nani通信Akemingのステキな日々


2015年5月のma*nani通信

P4020367.JPG

 

シリーズ化して書いてます。

(というか、最後まで書く気力がなくて(^_^;)途中で切っただけのこと)

 

前編>>>「神様事が始まる、、いや、始まってる?(前)」

中編>>>「神様事が始まる、、いや、始まってる?(中)」

 

今日こそは〆ます。。。(-_-;)

〆ないと別のこと書けないしね!

 

では、最後の章となります。

トップの写真は、中編の続きの画像となります。

中編の最後は、置きライトが割れたことを最後のアナウンスととって、慌ててホームセンターに行った、というところで終わりました。

 

ホームセンターでは、以前、手にした板が置いてあったコーナーにまず行きました。

そして、買おうと思っていた板よりも大きな板を躊躇することなく選んで、買い物かごに入れました。

以前、板を持ってレジに並んだのに急に気が変わって返品したのは、私の中の誰かが「その板を買うと、後で買い直しになるよ」と教えてくれたからなのかと思います。

理由もなく、急に買う気がなくなったのは、そんなわけがあったのかと私は自分の中の司令塔を信じています。

そのあとに、檜の舞台のような神棚の夢をみて、自分のやるべきことに気づいたわけですから。

 

さて、板と釘とキリを買ってきたものの、この日は釘もキリも使わずに、強力ボンドで板を貼り合わせて棚を作って作業終了。

そうして、次の休日になるまで待ち、しっかり板がくっついて出来上がったオリジナルの棚をとうとう壁につけるのか、といったら、、、

まだまだ(笑)

設置の前にやることがありました。

 

それは、神棚を新調することです。

これが今回しなければならなかったことのひとつ!

今までの神棚は、神社に置いてあるもので、一番小さなものでした。

その小さな神棚を大切に持って引越しを二回。

今回の新居では、頭上に祀るつもりではいたのだけど、大きなものに交換することは考えつかなかった。

そんな時のお告げ。。。

大きな舞台ほどの神棚の夢をみたくらいだから、家に合わないくらいの大きな神棚でもよかったのだけど。。。

 

結局はこんな神様のおうちになりました。

我が家にぴったり!

 

P4030388.JPG

 

さて、ここで、トップにネジ回しとキリの画像が選ばれた理由も話しましょう。

 

P4020367.JPG

ネジ回しは、夫の形見なのです。

夫がよく使っていたネジ回し。

電動ネジ回しは捨ててしまったけれど、この手動のネジ回しは捨てられなかった。

これを使う夫の姿がチラチラして。

神棚を設置するにあたり、ホームセンターの店員さんは電動ネジ回しを勧めてくれたけれど、私は家にある夫のネジ回しを使おうと思った。

夫が夢に出てきて、神棚のことを教えてくれたのだしね(*^_^*)

そして、キリは今回私のアイデアで新たに揃えた道具。

夫の形見と、新たに買った道具。

この二つを並べたことは、私の中の意識の現れのような気がします。

一体、どんな意識なのでしょうね???(後で書きます)

 

さあ!!

氏神様に古い神棚を納め、新しいものを買って、これで棚を設置できる!!!

 

でも~

できるの・・・?ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

自分で棚を作って設置すること自体、自分でもオドロキでした。

大工仕事ってほどのことじゃないけれど、こういうのは男性まかせでしたから。

まさか自分でできるなんて思わなかったのね。

だから、設置できた時、とてもうれしかったし、へんな自信みたいなのも生まれた!

へんな自信・・・?(^_^;)

はて?なんでしょー

 

P4020371.JPG

※記念に?セルフタイマーで撮影しました(^_^;)

 

で、とにかく、喜ばしいことだったので

「祝わなきゃ!!!」と、シャンパンを買ってきて開けたのです。

 

お祝いしたのは、お告げを遂行したことのお祝いだけではありません。

へんな自信が生まれたって前述にありますが、

その自信に乾杯したくなったのもあります。

そのへんな自信が生まれたことと、夫のネジ回し・新しく買ったキリの写真が関係しているのです。

 

P4020367.JPG

この写真は、私の心の現れ。

甘えて生きてきた自分を認めつつ、でも、様々な経験を経て、今は一人でシッカリと生きているよ!という証・・・?

ネジ回しやキリの写真なんて撮る必要ないと思うのねww

いつもの司令塔からの命令が届いたのです。

命令というか、神棚を設置できた時、この構図が頭にくっきりと出てきて、

それで、何も考えずにカメラに収めたのです。

 
シャンパンを飲みながら、私は「これからもっともっと変わっていくんだ」って、思いました。
 
よくわからないけど、そう思いました。
 
 
 
そうして、不意に声がしました。
 
「神様事が始まる」
 
 
えっ!!
 
カミサマゴト・・・?
 
 
で!
 
思い出したんです。
 
以前、自分のブログに何か書いたってことだけ。
 
私は自分の古い投稿を探しまくりました。
 
なかなか読みたい投稿が見つからなくて、
 
「もしかしたら、あれを書いたのは夢かも・・・」って思うくらい、まったく見つからなかった。
 
 
ブログの検索機能を使って何度も検索して。。。
 
キーワードを平仮名にしてみたり、アレコレトライしたら、
 
出てきました!!わぁ━━ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ━━ぃ!!
 
 
 
以下、抜粋(2011年の夏のある日の投稿から)
 
※2011年夏の私・・・喪失感と絶望感でどんよりと生きていた(^_^;)
目に見える大切なものが一気になくなり、失望感の中、一筋の光を信じてよろよろと歩いていた頃。。。
この投稿を読むと、私は大きな不安に耐えきれず、2009年から親交のあった沖縄のユタの先生に電話して泣きついたとみられる。
 
 
 
 
今朝、ユタの先生に電話したの
 
 
ユタの先生に
 
「つらかったでしょうけれど、
 
何もなくなったところから、あなたの神さまごとが始まります
 
あなたのところにメッセージが届くからよく考えて」
 
 
そいう言われて納得
 
私、今まで恵まれすぎていたんだよね
 
ここ一ヶ月、何度そうつぶやいたことか!
 
「私は恵まれていたんだな」って
 
この状況になって、はじめていろんなものが見えてきたから、、、
 
 
 
ユタの先生に言われたことを心の中で唱えて
 
ボロイ部屋で一人
 
うーんってうなってしまったわ
 
 
 
外の見えない曇り硝子の窓に向って
 
「メッセージかー」
 
ってつぶやいて
 
とりあえず、iPodをつけたらこの曲が流れたの
 
 
 
涙がこぼれて
 
このメロディから伝わる何かに心が動いて
 
「翻訳してみよう」って思った
 
 
 
最初はTell EmってTell meだと思ったの
 
そしたら、
 
EmはThemの略だった
 
 
 
 
Tell them
 
 
 
みんなに伝えてってことだったのね
 
 
 
メッセージなのかな
 
 
 
私の中で神ごとがはじまる。。。。
 
 
 
 
 
 
余談
 
自分の気持ちにフィットしたのは
 
他にもいろいろありまして
 
 
 
実は、今朝、ユタの先生と話す前に
 
同じようなことを仲良しお友達のメールに宛てていました
 
 
 
歌詞にある「見返りはいらない」って部分ね
 
 
 
愛があるなら
 
見返りはいらないんだよね
 
 
 
苦しくても自分の力で乗り越えなきゃ
 
頼らずにがんばらなきゃ
 
大好きな人とはイーブンでいたいから
 
 
 
自分はそのまんまの自分がいい
 
 
 
 
 
イコール
 
私は私らしく
 
 
 
 
 
引用以上。
 
 
沖縄のユタの先生が言っていた「神様事が始まる」
 
4年前のこと。
 
あの頃、大切なものがすべてなくなった喪失感と不安で心はズタズタ。
 
でも、ユタの先生は、何もなくなったところで始まると言った、、、
 
ということは、4年前には始まっていたんだね。
 
それとも、始まったのはもっと後?
 
いや、まだ何も始まっていない・・・のか?!
 
 
 
私は、始まっていると思う。
 
このブログを書いた時、自分では気づかなかったけれど、ここを抜けるためのキーワードが書かれている。
 
4年の年月を経てそこを越えたから今がある!と今気づいて鳥肌。
 
 
色々な経験で気づいたことたくさん。
 
神様が守ってくださっているからこそ、気づいたことたくさん。
 
何度もお祈りして。
 
何度も感動の渦の中に身を置いて。
 
何度も泣いた。
 
 
細かいこと言えば、
 
今回の引っ越しがスムーズにいったのも、、、
 
それ以前に、マレーシアに行ったこと、
 
もっともっとそれ以前から・・・
 
参拝に行き始めたこと、
 
父のこと、、
 
書き始めたら止まらなくなるくらいのたくさんの経験。。。
 
響いたたくさんの声、、、
 
 
神様事は始まっていると思えて仕方ない今日この頃です。
 
実際、目に見えるラッキーはなくても、
 
心の目に見えるラッキーはたくさん。
 
 
 
 
始まったことを滞りなく進ませるためには、
 
心を研ぎ澄ませて、濁らせず、日々努力して、謙虚に、すべてに愛を持って、
 
年上を敬い、年下を慈しみ、いつも純な心で、
 
自分を信じてこれからもがんばろう。
 
 
何かいいことあるかなって期待してがんばるわけではない。
 
この肉体をどうやって使えば来世に生かされるか?ってことを考えてるの。
 
せっかく受けた私という肉体。
 
精一杯使って次につなげたいと思うのです。
 
そのために必要なことは、
 
心の眼を養うこと、
 
心に響く声を拾うこと、
 
 
 
さあ、
 
私の次の航路は・・・?
 
チャレンジャーの旅は続くのです。
 
私は夢をかなえるために生まれてきた人間なのだそうで。
 
楽して夢は叶えられないでしょうから。
 
つらくても、前進!前進!
 
 
不安はあるけれど、大丈夫。
 
神様事が始まってるなら、光の方に向かってまっすぐ進むだけ。
 
 
 
追記)
 
心の目に見えるラッキーとは、
 
例えば、、、
 
小さな出来事だけど、お告げ通り、神棚を新調して頭上に設置したので、伊勢に行けた。
 
神棚の天照大御神のお札は、東京でいただかず、伊勢神宮でいただく!と決めていたのです。
 
遠方に出る時は、方位をチェックして良き日を選んでいるので、タイミングがずれたら延期になっていたことでしょう。
 
イコール、
 
設置が遅かったら良き日を逃して、参拝が来年になっていたかもしれない。
 
 
P5010557.JPGのサムネイル画像
 
伊勢神宮では鳥居を購入。
 
我が家に小さな小さな神社があるようです。
 
 
追記2)
 
 
伊勢神宮で初めてお神楽を挙げていただきましたが、
 
あまりの感動に腑抜け状態になりました。。。
 
後に、デジャヴというか、神楽殿の雰囲気、どこかでみたような気になったのですが、、、
 
あれこそ、夢のお告げに出てきた檜の舞台!
 
ちょっとびっくりです。
 
 
Akemingnew2.JPGのサムネイル画像
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

P4300530.JPG

 

長らく続きが書けませんでした。

4月のお料理クラスが終わったかと思ったら・・・

 

P4200503.JPG

 

また日々の仕事に忙殺され。

半年前にちょうどよかった仕事用のパンツがブカブカになるくらいやつれました(^_^;)

そんなバタバタな中、やっととれた連休でしたが、

休養する間もなく早朝から伊勢に日帰りで出かけました。

トップの写真は、外宮の豊受大神宮です。

 

伊勢神宮参拝は二年近く我慢しました。

なぜならば、伊勢に行く交通費が調達できなかったからです。

 

(※ここで出かける資金がなかったことを公開すること、まったく恥じていません。私は物質的なものが豊かでなくても、心は豊かだったと自負しているので、お金がないことを恥ずかしいと思っていないのです)

 

神棚の一番前のお札は伊勢で買う、と決めていたので、新年に交換するのを我慢して古いお札を祀っていました。

そして、亡き父が「参拝に行きたい」と言ったことがキッカケで、去年の春は、元気になった父を連れて伊勢神宮に行くぞ!と決めていたのです。

ところが、そう決めた3カ月後に、父は天に召されました(:_;)

 

でも!

父を連れて伊勢神宮に行くって決めたことは、遂行するつもりでした。

それで、先月末に忙しい仕事の合間を縫って西に向かいました!

もちろん、父も一緒に。

IMG04562.jpg

 

我が家に飾ってある父との写真を持って、いざ!伊勢神宮へ!

P4300538.JPG

 

さて、

伊勢神宮の話は、また機会がある時にしましょう。

私が書きたいのは、新しいお札のこと。

なぜならば、伊勢にお札を頂きに出かけられたのも、「行ってきなさい」と、どなたからかの許可が下りたからだと信じているからです。

 

では、いったいどんな条件で許可がおりたのでしょう???

 

「神様事が始まる、、いや、始まってる?(前)」の最後に書いたこと。。。

私は、檜の舞台の夢をみて、その夢の分析をした、と書きました。

私の分析は以下の通り。

 

~ 新居にはもっと大きな神棚を正しく設置しなさい。

そうすれば、さらにメッセージが届きやすくなりますよ ~

 

 

まあ、そんなわけで、神棚を新調して正しく設置することが、新居に住まうにあたっての一番大切なこととなりました。

以前の家では、ピアノの上に置いていました。

でも、正しい設置となると、頭上に設置しなくてはなりません。

壁にL字フックをつけて棚を作るしかありませんでした。

それなので、忙しい合間にホームセンターに行き、棚を探しました。

私が探していたのは、夢に出てきた木材に近い薄い色の棚。

「これかな?」と思えるドンピシャの板がありました!!

でも、レジに並んでいる最中で、なぜだか気が変わって買いませんでした。

 

そうして、神棚は新調せず、頭上にも設置せず、時が過ぎました。

神棚設置に際してかなり躊躇していたのは、私の住まいは賃貸ということ。

壁に穴を開けていいのかどうか、

仮に穴を開けられても自分で釘を打てるのか、

悩むには小さ過ぎることだったけれど、その小さな躊躇がどんどん時を進めてしまいました。

 

そんなある日。

次々に家の陶器やガラスが割れました。

自分の不注意が原因とはいえ、大切にしていたものが4個立て続けに割れた。

なぜ、こんなに割れものが?

 

そこで、以前、食器を割ったり火傷をした時の意味を思い出しました。

僧侶の方が言っていたことです。

「やらねばならないことを怠っていると、物を割ったり火傷をしたりする」

 

それは、目に見えない私の味方がアラームを鳴らしてくれている、と私は理解しています。

火傷をしたり、物を割ったりすると、「はっ!」とするでしょう。

そこに意味を見出せる人は次に進めると思うのです。

単に「あ~あ、割れちゃった」「火傷しちゃった><」っていうだけではないと思えるのです。

 

実は、私は一つ目の割れもので気づいていました。

「神棚・・・」って、心に響いたので。

でも、怠りました。

次にまた割れました。

その時も「あ、、、また警告だ」と思ってそのままにしていました。

次に割れものがあった時も、やるべきことを怠ったまま・・・

夢でお告げがあったというのに。

 

棚を買う、、、

壁に釘を打ちつける、、

それ以前に、家主さんに穴を開けていいかどうかの許可をもらうことを躊躇していました。

 

ところが4つ目の割れものは、なんとアイアン台のガラスのライトだったのです。

台がしっかりしているので、倒れるだけで済みそうなのに、ガラスが粉々に割れました。

不注意でコードに足をひっかけて倒れたのですが、割れたことはとてもショックでした。

かなり気に行っていたので(>_<)

「あー(>_<)・・・・」

と、ガラスを拾っていたら、不意に上から気配を感じました。

仰ぐと、それは、正しくない位置に設置されていた神棚。。。

 

私は、「すみません><!!!」と言い、ガラスを拾うのをやめて、電話を手にしました。

大家さんにソッコー電話をしたのです。

そして、正直に希望を伝えました。

神棚を頭上に設置したいので壁に穴を開けさせてください、と。

「困ります」と言われるかも、、、と心配していたら

「どうぞどうぞ、お好きになさってください」

と優しい返答が。。。

 

私は感謝の言葉を返して電話を切ると、すぐさま出かけました。

どこへ?

ホームセンターに、です。

 

そうして、板を三枚、釘とキリも買ってきました。

 

続く。

 

Akemingnew2.JPGのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

manani


2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

記事一覧


最近のコメント

アイテム

  • P6166902.JPG
  • P5290698.JPG
  • P4030388.JPG
  • P4020371.JPG
  • P5010557.JPG
  • P4020367.JPG
  • P4300538.JPG
  • IMG04562.jpg
  • P4200503.JPG
  • P4300530.JPG
フードソムリエにてレシピ公開中!
A's Kitchen
ma*nani通信Akemingのステキな日々
ma*nani通信Akemingのステキな40代
ペンフレンド
べイルアウト