ma*nani通信Akemingのステキな日々


2013年1月のma*nani通信

P1259267.JPG

 

スピシスターズ・・・信心あつい仲間のグループ名w

スピリチュアルシスターズの略でございます(^^;;

 

ネタが増えていく可能性があるので~

番号を振って書いていこうと思います。

もしかしたら、2番で終わってしまうかもしれないけどw

 

さて、スピシスターズが行くシリーズの初回は井の頭公園。

井の頭公園の弁財天にお目にかかりに行ってまいりました。

 

ここは、空気が気持ちいい!

都内在住の人なら気軽に行けるパワースポットなので、是非行ってみてね!

 

P1259272.JPG

P1259255.JPG

P1259249.JPG

P1259252.JPG

 

 

このスピツアーを始めたきっかけは。

ここ数ヶ月の間にいろいろな人から私の役目を伝えられたことから。

わかっていることだったけれど「とうとう時期がきたか、、、」と確信したところから始まります

2013年までは、始めるための序盤だったのです。

パワースポットを巡ってみよう!って決めたのは、目に見えない光や気を戴くため。

流行っていることに興味があるのではないよ。

今の私に必要なもの!って思えたから。

 

さて、私は一体何を始めるのか・・・?

 

今はここに書けませんが、いろんなことで気づかされたの。

時はさかのぼり。。。

2005年くらいかな。

私が今ここでこうして生きてキーボードを叩いているのは、この方がいたからこそ!という方がいたのだけど。

その方にさらっと言われたの。

私がなるべき未来を。

その頃は、まだサプリメントの会社をやっていて、そんな未来は信じられなかった。

そんなわけで、8年前の私はそれを笑い飛ばして終わった。

ところが。

その方が、今年、天に召され、、、

私は涙が枯れるくらい泣いた。

泣いて泣いて泣いて。

その恐ろしいくらいの悲しみから抜けるには、気づきが必要だった。

それで、私は「この方は一体私に何を残してくれたんだろう、、」と考えた時に、出てきた過去の映像があった。

それが、その方が私の未来を予言した時のこと。

8年近く前の映像だった。

「これなのね!!」ってわかった時に光が射し込んでいたよ。

 

近しい人の死は哀しいけれど、必ず、その方が残してくれたものがあるって信じている私だから。

彼の死を哀しみながらも、一筋の光を見つけたのでした。

 

それで「よし、やってみよう」と思った私。

 

それに、、、

実は、2010年に信頼なるお坊さんの伊藤先生に「君の能力は開ききっていないな」と言われてた。

能力を開花するために行くべきところをみてもらおうと、「霊だん」という占いをうけました。

霊だんの占いをするためには厳しい修行が必要なのだけど、その修行をして資格を所有することを許された伊藤先生の鑑定結果は・・・

「高野山か熊野古道に行くといい」ということだった。

でも、そこに行くにはタイミングが必要と私はずっと思っていて。

2010年から3年たってもまだタイミングがやってこなかった。

でも、そろそろ動き始めようかな、と思ったのが去年の暮れ。

実際、私自身、自分はかわった能力を持っているんじゃないかなって、小さい頃から思っていたものだから、今後、何かの能力が開花したらおもしろいなーって思っていたのです。

 

まあ、そんなこんなで。

自分の能力を開花するための儀式はたーくさんあるんだろうな、、って思った私。

身近なスピ仲間であるジュリアちゃんにいろいろ話したところ、パワースポットめぐりをしよう!って話になり、

スピシスターズ結成w

まずは、私の守護神である弁財天のお参りをしようってことになって、井の頭公園へ行ったの。

 

 

私の守護神は弁財天らしいのですよ。

光栄なことだし、感謝の気持ちしかないよ。。。

こんな素晴らしい神さまがお守りくださっているなんて。

 

P1010004.JPG

 

沖縄のユタの先生始め、そんな能力を持つ4人ものそれぞれから弁財天が守護してくださっていることを聞かされているの。

 

それなので、今年の私のやることの一つは、お力になってくれる存在に感謝の気持ちを込めてお祈りすることと決定したのでありんす!!

 

パワーが集まったら何ができるかな・・・^^

今は苦しくとも、未来の光が見えるから・・・

どうなることか、楽しみな私です。

 

Akeming。

DSC09769.JPG

 

古い写真だけど、カウアイの旅で自炊ちうの私。

楽しそうにお料理してる!

ハワイのヴィラのキッチンはよかったなー

 

 

今、A's Kicthen。のブログでハワイでの自炊の様子を書いてます!

 

ハワイでの自炊ブログ>>A's Kicthen。自炊@ハワイ#1

 

ハワイでの自炊ブログ>>A's Kicthen。自炊@ハワイ#2

 

DSC09913.JPG

DSC09796.JPG

 

ハワイでの自炊の写真はまだまだあるでよ(^^;;

#2まで書いたからシリーズ化して続きを書くぞ。

 

書いていてなつかしい気持ちでいっぱいになった!

旅のナビゲーターの友人MPとのハワイでの食の旅。

 

レストランへ行くのも楽しかったけれど、、

 

DSC00055.JPG

DSC00839.JPG

DSC00406.JPG

 

 

ハワイでの自炊は楽しかった!

マーケットでのお買い物はサイコーに盛り上がった!

「あ、あれも~~!あ!これもーー」

「ワイン、安っ!!!」

「味見したーい!」

なーんて^^

 

DSC09962.JPG

DSC09737.JPG

 

 

このケーキたちのかわいいこと!!!

 

DSC09734.JPG

DSC09735.JPG

 

ハワイイに戻りたし。。。

 

ホームシックちうナリ!

 

Akeming。

 

 

P1000199.JPG

 

このCDの写真、撮影日を見たら2006年5月だった。

このキーボードはもう壊れて捨てちゃったやつ。

古いコンピューターの上に乗っているのは、2006年によく聴いていたCD。

今、久しぶりに聴いてます。

 

元気のない日は、音楽聴こう!

音楽にはいつも助けられてきたんだもん。

今日は元気がないのです。

 

サロンを運営していたあの頃。

元麻布まで歩ける距離に住んでいたので、いつもiPodで音楽ならしてそれを聴きながら歩いた。

片道20分くらいの距離。

音楽に癒されながら歩いた。

あの頃は苦しい時期だったので、音楽には助けられたよ。

 

コピー ~ DSC02220.JPG

 

 

六本木ヒルズに向かって歩いた日々。

ヒルズは、私の中の色づく存在の象徴的な建物だったんだ。

あの頃はね。

ヒルズを感じると、うれしかったあの頃。

 

 

さて、元気をもらいたい時の音楽。

流れる音を耳でキャッチして、いい気持ち。

そんな中で何を書こうか。

 

書く事は、音楽と聴くことと同様、私を癒してくれる行為なの。

自分を癒したい時は、好きな音楽、好きな行為。

 

昨日のことを書こうかな。

 

昨日は、3年連続で通っている「ふるさと祭り」に出かけました。

毎年、りえちゃんがチケットを用意してくれるので、有難く出かけてます。

 

DSC_5629.jpg

 

朝ご飯はサラダとカフェオレのみで、15時まで我慢~

混んでいたので、好きな食べ物を選ぶことは難しかったけれど、わりといいものGETできた!

 

PicsArt_1358739927884.jpg

 

大間のマグロ握り、前沢牛(だったかな)串焼き、鱧のクリームコロッケ、蟹ミソ入り蟹など。

 

あまりにも混んでいて、人酔いしてしまったので、食べるだけ食べてドームを去りました。

また来年~~

 

で、白金へ移動。

行きたいお店は満席。

偶然見つけたバーへ。

P1209232.JPG

P1209236.JPG

 

昨日はりかりんこと一緒でした。

私たちはしょっちゅう会わないのだけど、時々思いつくと「今日は何してるのー?」なんて連絡とり合う。

だから、当日アポの当日お出かけ的な~笑

 

忘年会も急だったけど、昨日も急な新年会。

「ドームなんて行ったことないよー(^^;;どうやって行くんだ?」

なーんていうりかりんこを無理矢理ドームへ連れて行った。

 

そうして、お祭りを少々楽しんで。

移動先ではマッタリとワインなぞ。

りかりんこはカベルネ、私はメルロー。

 

ワインなんて飲めなかったのにねー

いつから飲めるようになったんだろう。

 

自分の人生、二人で生きているようだよ。

ワインを飲めなかった頃の私と、今の私。

まったく違う人生。

 

いろいろあった。

良き時代ばかりじゃなかったけど、でも、私に生まれてよかった。

 

こうして書いてシェアできる場所を作れたのだからよかった。

昔は、一人で日記を綴っていた。

自由に好きなことを。

書きながら泣いていた。たぶん。

辛い時は書いてごまかした。

書く行為は自分を癒す行為だったから。

「死にたいよ。。。」そんなことが書かれていたページもあった。

 

今は日記のかわりにブログ書いたり、FB投稿したり。

日記は人に見せるものじゃないけど、私のブログとFB投稿は日記みたいなもの。

自分を癒す行為だからね。

 

 

今年はどうなるんだろう。

楽しい一日を過ごせても、ふと一人になると、夜空を見上げてしまう。

そうして思わず問いが出る。

「神さま、私はこのまま死んでしまうの・・・?」

昨日もそんな私だった。

渋谷駅の、

ロータリーの、、、

空はいつもとかわらず、濃い藍色で、、、

吸い込まれそうな青で。

 

「ねーー、神さまーーーーそうなの?私はそうなの????」

 

わたし的には、お空の神さまは私の問いに笑っていた。。。と思う。

「それは、直にわかるよ」

声はしなくとも、そう答えてくれていたのかな。

だって、生きているのは私だもの。

問いの答えがわかる人は、私しかいない。

直にわかるのは私なのだね。

 

だって、

2006年に聴いていたこの音楽。

この音楽を聴きながら、きっと似たような思いを抱いていた私。

でも、自分の未来は直に自分でわかったこと。

 

この頃。。。

私なりにがんばっていたんだなー

あの頃の自分がよみがえるよ。

 

こんな私だったんだ。

 

IMGP3086.JPG

 

強さ=働く女として

優しさ=母として

 

今の私は

強さ=生きる人間として

優しさ=生きる人間として

 

かなー

 

Akeming。

P1119003.JPG

 

 

お久しぶりっこです。

年始は暇だったのでブログ更新してましたが(^^;;

デイリーワークが入るとナンダカンダ忙しい。

 

お料理の仕事はポチポチにしてます。

大晦日のおせち料理に引き続き、今月はお友達のジュリア家のお姫様のお誕生会のお料理を担当しました。

 

メニュー1.JPG

 

3歳になったばかりのアンジュ。

 

P1119041.JPG

アンジュとはママのおなかにいた頃からのつきあいなのです。

 

思い出してみよう。

写真と共に。。。

 

この時、アンジュはママのおなかに。

41507766_4226718026.jpg

 

 

出産前のジュリアちゃん激励会の写真!

前列の左側に座っているのがアンジュママ(わたし、黒いねw)

 

 

アンジュが生まれてからは、ホムパで遊び~、飲み~^^

 

DSC03703s.JPG

2773337_550579429_24larges.JPG

 

香港への一人旅の時は、ジュリアちゃんの出張に合わせて。

 

PB040417.JPG

 

香港で合流してお茶した時もアンジュが一緒。

まだアカチャンアンジュ。

PB040416.JPG

あ、

お茶じゃなくてシャンパン飲んだんだw

写真見て思い出した!

 

PB040403.JPG

アンちゃんのオモチャの哺乳瓶がかわいい^^

 

私のお誕生日にもアンジュ参加で!

だんだんおネエちゃまになってきた^^

 

3736605_1199445580_91large.jpg

 

アンジュが着ているお洋服は、私がハワイで買ってきた出産祝いのドレス。

 

o0480064010733259462.jpg

 

出産祝いのお洋服なのに、先日の3歳のお誕生日にも着てくれていて感激^^

P1119044.JPG

 

 

そうそう、

ジュリアちゃんのお誕生日のお料理も作ったことがあった!

 

PA072099.JPG

PA072063.JPG

PA072070.JPG

 

思い返すと、アンジュとはアミーゴなのでした。

ママのおなかにいる時や、アカチャンの頃は喋れないけれど、心で交信していたのかもね。

 

3歳のお誕生会では「アケミさーん」って呼んでくれて。

お友達として認められた?!

 

一緒にケーキのデコレーションをして楽しかった。

アミーゴのために、アケミさんは、あれこれ買い込んでいたのだ。

3歳の女の子が喜びそうなグッズ。。。

って、48歳のあたくしも喜んだグッズだけどね(^^;;

 

P1078955.JPG

 

さて、

こちらが、アミーゴのアンジュのデコレーションによるバースデーケーキでーすbirthday

P1119025.JPG

 

皆がアンちゃんのお誕生日を祝福して、ハッピーオーラ!!

ジュリア家に天使がやってきてた。。。

私はその家族の中にお料理を提供する人間としてお仲間に入れていただき、幸せでしたよ。

素敵な一夜となりました。

 

P1119032.JPG

 

参加者は、ジュリア家、ジュリアちゃんのご両親と弟さん。

 

翌日、ジュリアちゃんに「心のこもったお料理を両親に食べさせることができて幸せだった」とお礼を言われ。。。

私は泣いてしまいました。

 

以下、FBに綴ったその時の気持ち。

感極まって泣きながら、正直な気持ちをそのマンマ書いたものです。

 

 

お誕生会にはママのご両親、ママの弟さんもお見えになっていて。
 
ご家族の様子を見ながらお料理していたものだから・・・
 
「両親が喜んでくれて幸せだった」ってメッセージをいただいて、つい涙してしまった。
 
「心のこもったお食事」「幸せの食卓」って言ってくれて、もうもう涙がボロボロ。
 
いい評価をいただけたことは当たり前にうれしい。
 
でも、それよりも、私のお料理に癒されてくれたっていうことがうれしくて。
 
伝わるんだ!って。。。
 
本当にうれしかった。
 
自分の創作したものは、お金で返ってくる。
 
お金はうれしいけれど、それよりもうれしいこと。。。
 
それは、自分が一生懸命何かしたことが相手に伝わること。
 
 
私の作ったものが食卓に並び、
 
それを「美味しい」って食べてくれて、
 
愛がいっぱいの空間に。。。
 
昨日も天使がやってきたって思いました。
 
 
昨日、お料理を作ってその足でデイリーワークに出かけ。
 
朝からキッチンに立ちっぱなしだったから、足腰がふにゃふにゃ。
 
ヨレヨレなからだで次の仕事に。
 
3時に家に帰って玄関の扉を開けながら自分を褒めた。
 
「やればできるじゃん。今日はがんばったね」って。
 
誰に褒められなくてもいいと思ってた。
 
自分が自分を認めていればそれでOK。
 
そう思って熱いお風呂に入り、私を休ませてくれるベッドに入った。
 
満足感に包まれて・・・
 
 
だから、今日のお礼の連絡が本当にうれしかった。
 
 
A's Kitchen。のストーリーがどんどん増えていく。
 
愛の食卓、A's Kitchen。
 
たくさんの家に、
 
たくさんのストーリー。
 
私はそれぞれのストーリーに食事を通して入り込む。
 
愛と共に。

 

PC198664.JPG

Akeming。

 

10029183453.jpg
 
お正月気分はおしまいだよ(^^;;
 
 
お正月気分はおしまい、と言いつつも、ランチは泡つきですww
 
昨夜、一人で開けたボトル。
 
泡が上がる様子が美しいと思えて、思わずカメラ!
 
P1068953.JPG
 
これ、残っているので気が抜けないうちに飲まねば(いいわけw)
 
 
 
ランチは、お正月に作った牛すね肉赤ワイン煮をソースとしてフィットチーネにからめて。
 
豆乳で少しゆるめて、パルミジャーノをたっぷり和えました。
 
マイウ~~~~(>▽<)
 
(これ、マジ、お金とれる!笑~~~)
 
 
P1078971.JPG
 
 
 
さて、お正月は希望通り、執筆三昧な日々。
 
でね、
 
小説を書いていてちょっとドキドキしたこと。
 
小説を書くというより、古い原稿に加筆していた。
 
ずっと封印していた原稿。
 
その小説は2007年に書いていたもの。
 
当時、私の文章に興味を持ってくださった大手出版社の執行役員に見せたところ、
 
「もっとドロドロの感情を書かなきゃ」とダメだしされた。
 
封印していたわけは、そのダメだしに自信をなくしてしまったから。
 
「この原稿はもう読みたくない」くらいに思って放置してあったの。
 
 
あー
 
バカなやつ。
 
子供だったわ。
 
 
それから6年近く経った今年のお正月に「古い原稿を使ってみよう」と不意に思った。
 
せっかく書いたものだから、何かに使えるかな、なんて。
 
そして、久しぶりに原稿を読み直して驚いたことが、、、
 
この頃、やっぱり誰かの声を拾って書いていたんだ!ってことが自分の中で証明された。
 
あの時、どうしてこんなことを書いていたんだ?って驚いた。
 
それは、その後6年間の月日を経て私が経験して気づいたことだったから。
 
あの頃、わかるわけのないことだったのに。。。
 
 
鳥肌。
 
ユタに言われた「あなたは言葉がおりてくるでしょう」って、これなのか!と体感。
 
そういう感覚は頭でわかっていたことなのだけど、いまひとつ体感できていなかった。
 
年末、自分の魂と肉体が合致するという体験を通したからなのかな。
 
ここまでくるのに6年もかかってしまった。
 
イコール、
 
私は文章を書くという作業をやっと6年続けられたということ。
 
自分の一生を考えると、6年は短いかもしれないけれど、まさかこんなに続けられるとは思わず。
 
書くことを続けるために、絶望感で自己を苛んだりしたからね。
 
勇気があったから、自分を信じられたから、続けてこられたんだと思う。
 
継続は力なり。
 
まだ形になっていないけれど、まだ続けるよ。
 
諦めたら終わりと思っているから。
 
絶対に諦めない。
 
それは、約束したことだから。。。
 
私が生まれてくるときに。
 
 
 
恐ろしいことに(?)処女作は別にあって長文(^^;;
 
その作品の中にはどんな大切なことが書かれているんだろう。
 
読み返すには長文過ぎるから、これも避けているんだけど。
 
直そうと思ったらかなりの労力だ。
 
時間がないと無理。
 
 
 
さて、その加筆したものの抜粋です。
 
多くの方が理解していながら忘れていることかもしれません。
 
 
読みたい方は続きへGO!
 
面倒な方はスルーしてねww
 
私は自分の書いたものを「読んで、読んで~~」って強要しましぇん!(^^;;
 
 
☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆
 
 
~中略~
 
「利便性の向上を図って次々に新しいものを生み出して・・・人はそれが当たり前のように慣れていく。しかし、本来の姿を取り戻したいという気持ちは、いつもどこかに持ち続けているものなんだ」
 
 老人の声はやわらかかった。不思議な感覚だった。その声が心地よく私のからだの奥の方まで響いていた。
 
 老人が、小さく咳払いをした。
 
「実は、私はいつも同じ時間にここを通るのです。すると、いつも一人の女性が思いつめるような顔でここに佇んでいる。彼女が切ない様子で橋の上に立っていると心配になってね」
 
 私は、顔を上げた。
 
「その女性はね、しばらく立ち止まっているんだが、また颯爽と歩き始める。でも、かわいそうに・・・」
 
 老人の一瞬の間に、私は老人に振り向いて目を見開いた。
 
「その後姿が泣いているんだよ」
 
 私の顔は不意をつかれて驚いたような表情にかわった。
 
 すると、老人は続けた。
 
「何か、深い悩みでもおありかな?」
 
 私が返答できずに下を向くと、老人は「老婆心ながら、ひとつ言いたいことがあって、今日は待ち伏せして声をかけたのです」と優しい声で言った。
 
「歩いている姿から想像すると、君は、本来は自由に駆け回る人なのだと思うのだけどね。それができないから、背中が泣いている。人としての豊かな想像力を生かして、胸の奥にあるものを隠さず生きるべきと思うんだが」
 
 老人の台詞が胸に刺さった。でも、それは決して「ぐさり」とくる痛々しいものではなく、やさしく浸透していくような感触だった。まるで、心の奥の方が癒されるような。
 
 私は思わず涙ぐんだ。
 
 
Copyright © 2008-2013 鈴乃. All right reserved
 
 
 
 
私は書き続けるよ。
 
諦めたら終わるからね。
 
このまま作品が表に出ないまま私は死んでしまうかもしれないけれど、
 
死んでも諦めないと思う。
 
希望を持ち続けて死ねるのなら、本望です。
 
Never give upとは、こういうことうを言うのかな、、、なーんて^^
 
 
 
神さまのお遣いをするって決めて生まれてきたのだから、
 
使命を果たすまでは諦めないぞーー!!
 
 
 
DSC01452.JPG
 
 
 
 
Akeming。
 

隣の家の芝は。

| コメント(0)

 

P1048942.JPG

 

おせち料理の残りで一人ワインの夜。

さみしーって思わなくなったところが私の成長。

気ままな一人暮らしを楽しく感じたりしてます。

 

一人っきりになることがなかった47年間。

その間「自由になりたい!」って思っていたんだからね。

そうして、一人暮らしになって自由が手に入ったのに今度は「さみしー」って嘆く日々。

隣の庭の芝生は青いんだよw

今はやっと自分ちの庭の芝生の具合がいいと思えるようになってきたのかな。

足りないものはたくさんあるけれど、私にとっては楽しい毎日デス。

不安もあるけれどね(^^;;

急に倒れたらどーするんだ?とか。

血圧高いからね(;´Д`A ```

 

家がお友達だから、寂しくない。

誰かとしゃべりたい時はLINEでお友達とチャットしているしw

最近、そのチャットが可笑しくて、一人の部屋で大笑いしていることしばしば。

私の笑い声が部屋に響くと、家が喜んでいる。

 

P9071428.JPG

 

今日は、またまたFB投稿から抜粋したものを後ほど。。。

FBも読んでくださっている方には繰り返しになってしまうけれど、是非繰り返して読んでください!

私からのメッセージなので^^

 

さて、繰り返す前に一言。。。

最近、迷ってしまう。

FBとブログとどっちに書こうかな?って。

私のブログは、どちらかというとONE WAY的。

ここは、好きなことを好きに綴りたい場所なので、読者の皆さんの像がはっきり見えなくてもいい。

皆さんが好きな時に私に会いに来てくれて、好きなように読んでくれて、戻ってほしいから。

FBは、像が見える。

そして、コメント投稿や読んだよ~ってマークをつける機能がある。

そういうのも私には必要?かな?と思うとFBに投稿しているんだけどね。

でも、ここに来てくれる皆さんにも伝えたいことがある。

だから、繰り返します。

 

※(ブログでは文章の合間に写真を入れていくよ~

FBではできない機能!

こちらにきてくださる皆様のために写真を選びます!)

 

以下、氏神さまにお参りに行った日の私の投稿から。。。

 

家.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
今日は氏神さまへ参詣。
 
一昨日は、私を守護してくれる神社へ行ったので、今日は自分の住まう地域を守ってくれる神社へ。
 
5日なのでだーれもいなくて。
 
ゆっくり参拝できました。
 
頭の中、なーんにもなくて、空っぽの状態だった。
 
参拝する時は「~するように・・・」ってお願い事のように拝むでしょう。
 
私が今日参拝の際に自然と口にしたことはこんなことでした。。。
 
 
「私を守ってくれる家に導いてくださったことに感謝しています。
この地に住まってもうすぐ二年。何事もなく過ごせたことに感謝しています。
この地を離れることになるかもしれないけれど、ここにいる間はお守りください」
 
祈願.JPG
 
 
氏神さまに心から参拝した2013年お正月。
 
家に帰って守護神の御札の上に氏神様の御札を重ねたら、なぜだか涙がこぼれた。
 
感謝の気持ちでいっぱいになってしまったんだね(^^;;
 
 
P6155888.JPG
 
 
2011年夏に越してきた時は、何が何だかわからない状況で逃げるように越してきたから。
 
どうしてここに越してきたんだろう?
 
そんな思いでいっぱいだった。
 
前に住んでいた家に恋をしていた私は、その恋心が捨てられず、古い家の写真を見ては消沈。
 
 
P4088026.JPG
 
 
 
「新しい家は嫌だ!」
 
私の友人たちに何度こぼしたことか。
 
「あの家に帰りたくない・・・」
 
何度そう思って帰路についたことか。
 
 
 
写真の中の何もない真っ白な部屋は引っ越しが決まった頃の今の家。
 
「こんな狭いところにどうやって荷物を置けばいいんだろう」
 
文句ばかりだった。
 
 
P7090088.JPG
 
 
でも、いざ越してくると、私の魂が燃えて(^^;;
 
「よーし、工夫して住みやすい部屋にしよう!」
 
 
P9071441.JPGのサムネイル画像
P9181749.JPG
P9081477.JPG
 
 
そうして、誰も呼ぶものか!と思っていた部屋にお客様まで呼ぶようになり。。。
 
 
 
P1074277.JPG
 
 
 
さっき、氏神さまとお話して気づいた。
 
私は何ていけないことを思っていたんだろうって。
 
 
家に感謝もできず過ごした日々。
 
文句ばかり言って過ごした日々。
 
 
それでも、家は私を温かく迎え入れてくれた。
 
子供をなだめるかのように。
 
眠りにつかせてくれた。
 
何も言わずに。怒らずに。
 
寛大な心で。
 
 
 
P7190246.JPG
 
 
親から巣立つ時のように、今頃、家に対する感謝の気持ちがわいてきて。
 
それで「ありがとう」って泣けてきたのかも。
 
「やっと気づいたかい?」
 
家からそんな声が聞こえて。
 
「ごめんなさい><」って家のやさしさに泣いてしまった。
 
 
 
今の家で学んだ。
 
 
 
この家は悲しい思い出も詰まっていたけれど、悲しいことは全部吹き飛ばしてくれた。
 
 
証拠に。
 
毎朝の安堵感。
 
コーヒーを淹れて飲みながら、とっても素敵な気持ちになっている。
 
 
P8010524.JPG
 
 
 
私のオーラと家のオーラが合致したのかもしれない。
 
 
 
今夏、契約更新。
 
さて、私は移動するのか?残るのか?
 
仕事的にはもう少し広いキッチンのある家が希望。
 
お料理の仕事が順調になるのであれば、次のステップ!
 
この家もきっと喜んでバイバイと手をふってくれると思う^^
 
彼は使者だと思うから。
 
 
霊的な人が家に来ると言った。
 
「ここ、いいよ。気がいいよ。よく見つけたね」
 
 
導かれたのかなーって思う・・・
 
よかった・・・本当によかった・・・
 
 
 
私はあそこを出るべきだったのかも???しれないね???
 
 
性格の悪いイケメン家に恋していたw
 
外見がよいから本質に触れることを恐れて気づかないふりしていた。
 
でも、そこを離れて外見が悪いブス家のもとへ。
 
見た目を散々文句言ったけど、心はいいから私を許してくれて守ってくれた。
 
だから私は懺悔なのです(^^;;
 
 
傷ついた私を癒してくれた家よ、ありがとう。
 
もうね、癒えてるの。
 
痛いところはないんだ。
 
ここにいると素直な気持ちになれる。
 
ほっとする。
 
だから、もう大丈夫。
 
 
P5215584.JPG
 
 
今年はどうなることやら。
 
いろんなことが起こりそうな予感です。
 
 
 
DSC_4908.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Akeming。

終日のんびり~

| コメント(0)

お節残り.JPG

 

幸せな三が日。

家にいるのが好きなのです。

今日も初詣に出かけただけで、あとは家でのんびり~♪

おせち料理の残りを食べながら平和に過ごす。

左は、おせち料理に作った鶏テリーヌを焼いたもの。

右は、洋風お煮しめ。

ヤツ頭、人参、芽キャベツをクリーム味で煮ました。

コツは、クリーム味をつける前に味噌風味のコンソメスープで味を染み込ませること。

 

さて、本日、初詣には吉日という情報を得て行って参りました。

私の家の方向から北東に位置する神社にお参りに行くといいという情報も併せて得たので、その方向の神社に言ってきました。

ご近所の三和ちゃんと。

ご近所だからこそ、同じ神社なのです^^

吉日に吉方位の神社へお参り!

 

後光が射しているみたいでしょw

神さまの祝福を受けたのかなーww

385238_388072797950857_1561162250_n.jpg

 

二人とも、いいことは取り入れる方なので、良き日を選んで良き方位を選んで、新しい年の祈願に。

なんだか清々しいというか、スッキリした!

でも、ここは氏神さまではないの。

私にラッキーをもたらしてくだだる神社。

だから、明日か明後日には近所の氏神さまの神社で御札をいただいてこようと思っています。

 

以前も掲載したけれど、我が家には小さな神さまのおうちがありまして。

P5215583.JPG

さっそく、このおうちにラッキーをもたらしてくれる神社の御札を入れました。

その上に近々いただいてくる氏神さまを重ね、その上に天照大御神の御札を重ねるのです。

天照大御神の御札は二月にGETしてくるよー

 

平和な一日。

いいねー^^

心穏やかに過ぎる時間。

いいねー^^

 

Akeming。

ハロー2013

| コメント(4)

P1018848.JPG

 

みなさま、あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします^^

 

ハロー2013!

私はうれしいよ。

年が明けるのを待っていたので。

 

さて、新しい年の一日目の元旦は、夫が亡くなって一時中断していた夫の実家での新年会でした。

孫がまた成長していて~^^

可愛かった!癒された!

P1018891.JPG

P1018897s.JPG

 

 

久々に我が家のお重を出しました。

嫁ぐ時に母が買ってくれた漆器。

三段をあわせるとカタクリの花が。

 

P1018839.JPG

 

去年、作ったオーダーおせち料理の残りを詰めて、お義母さん宅へ。

 

手作り洋風伊達巻、洋風栗きんとん、カッテージチーズ黒豆、こはだマリネと京人参のオレンジ風味ナマス。

P1018848.JPG

やわらかタコはディル風味のピクルスと和えて。

P1018850.JPG

 

あと、あん肝を作りすぎたので(^^;;

こちらも持参。

販売したおせち料理では、ゼリー寄せにしたので、残ったゼリーを崩して下に敷いて。。。

あん肝乗せて、柚子ポン酢をかけました。

ゼリーがあると上品なお味になります。

P1018869.JPG

 

お義母さんの用意してくれるおせち料理は毎年の楽しみ!

今年は、岐阜県のおせち料理だった。

参考に写真を撮らせてもらいました。

今年の年末は、私のおせち料理にたくさんの注文をもらえそうなので研究、研究!

 

P1018856.JPG

P1018857.JPG

 

お食事は、いつものお鮨屋のお鮨。

なつかしい。

握った酢飯の大きさとか、穴子の味とか、

思い出せるくらい何度も食べたお鮨屋の味。

P1018911.JPG

 

デザートは、おせち料理用に作った洋ナシのコンポートを使ってタルトちっくなものを。

「ちっく」というのは、家にある食材でテキトーに作ったから。。。(^^;;

 

キッシュの残りのタルト生地を薄く伸ばして台にして、

洋ナシコンポートを薄く切って、

キッシュのタネに砂糖で甘く味付けして、

小麦粉、強力粉、アーモンドプードルを混ぜて焼いただけ。

 

PC308775.JPG

P1018833.JPG

 

お砂糖が少なかったのがよかったようで(けがの功名w)

さっぱり感のあるデザートでした♪

 

P1018845.JPG

 

姫が風邪ひいちゃって、参加できなかったのは残念だったけれど、

年の始めにバラバラになった家族が集まって楽しい会を催せてよかった。

 

帰りに夫のお墓参りへ。

息子が自分が通った小学校の通学路を歩いてお墓に行こう、と言った。

「遠回りだよ」と指摘しようと思ったけど、、やめた。

お嫁さんを気遣っただけなのだけど、私も歩きたい気分だったので。

なぜならば、その道はいまだに夢に出てくるんだけど、幻のようなんだ。

夢に出てくると、どこへ歩いていいのかわからなくて不安になってしまっていたから。

でも、実際に歩けば、現実の景色とかわる。

 

というわけで、遠回りを承知で歩いた。

以下、Facebookに投稿した文面。

繰り返すのもナンなので、そのまんまコピペします。

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆゜・*:.。.☆゜・*:.。.☆

 

帰りに息子夫婦と孫と一緒に夫のお墓参りに。

息子の小学校の通学路を通って行ったのだけど、なつかしさで胸が一杯になって泣きそうになったよ。

あの小学生だった私の男の子がね~、、、なんて。

息子が思い出話をする。。。

「あ、ここの家で雨宿りしたんだ」

「あ!このクリーニング屋!学校の帰りにこのクリーニング屋でおトイレ借りた話をしたらおふくろがお礼にってリンゴ持って行ったっけね」

「この家の同級生、ずる賢いヤツっぽかったからあまり好きじゃなかった」

などなど。

息子があれこれ思い出話をしていたら、幻の小学生が私の前に登場。

それは、かわいいかわいい私の息子だった。

ランドセルを背負ったその子はにこって微笑んだかと思ったら「ママ!」って呼んだの。

それで涙が出そうになった。。。(;_;)


かわいい男の子の姿が消えて、現実に戻る。

「りょーたん?私のりょーたんはどこ?」

そう心の中でつぶやいても男の子の姿はなかった。

その代わり、成人した頼もしい私の息子が隣でベビーカーを押していて。。。

彼は今や一児の父となり、お嫁さんを養っているんだから。


ε-(´・`) フー

 

通ってきた道なだけなんだけどね。。。

世代がかわる寂しさを感じるよ。

せつない、、ってこーいう気持ちをいうんだね。


いろんな思いがぐるぐる胸の中で回ってる。


亡き母の選んだカタクリの漆器。

嫁としての明美。

息子とお嫁さんと孫。
世代。
小学生の息子。

リンゴを持ってお礼に行く明美ママ。

ベビーカーを押す大人の息子。

隣で寄り添う可愛いお嫁さん。

ベビーカーで眠る孫。

お墓で手をあわせる未亡人の明美。


フラッシュバックのように現れる。

あの時の場面が。

 

映画だなー

私の人生は映画だな。

 

P1018922.JPG

 

 

Akeming。

 


このページのトップへ

manani


2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事一覧


最近のコメント

アイテム

  • P1010004.JPG
  • P1259252.JPG
  • P1259249.JPG
  • P1259255.JPG
  • P1259272.JPG
  • P1259267.JPG
  • DSC00839.JPG
  • DSC09735.JPG
  • DSC09734.JPG
  • DSC09737.JPG
フードソムリエにてレシピ公開中!
A's Kitchen
ma*nani通信Akemingのステキな日々
ma*nani通信Akemingのステキな40代
ペンフレンド
べイルアウト