A’s Kitchen


2013年1月のA's Kitchen

自炊@ハワイ#3

| コメント(0)

DSC09760.JPG

 

牛肉赤ワイン煮を作っていまーす!

 

この旅では・・

あたくしは不覚にもハワイで40度近い熱を出してしまい。

ウィルス性のたちの悪い風邪でした。

それなので、楽しみなワインタイムは削られ。

赤ワインが残ってしまったぞ!ってところで、メニューを考えたの。

DSC03285.JPG

これはこの旅で飲むはずだったボトルたちw

 

メニューは牛肉赤ワイン煮、チキンサラダヨーグルトドレッシング、牡蠣のロックフェラー。

 

DSC09777.JPG

DSC09776.JPG

DSC09778.JPG

 

 

この前々夜に作ったチキンスープが役に立ちました~

風邪の時はチキンスープだよねってことで、病み上がりのからだで作ったんですよ。

 

DSC03281.JPG

 

このスープ、トマト缶、ビーフスープ缶、赤ワインで牛肉を煮込みました。

 

DSC09746.JPGDSC09761.JPG

 

お野菜た~っぷり!

DSC09764.JPG

 

ジャガイモは崩れちゃうから、バターソテーしたものを最後に投入。

DSC09770.JPG

 

サラダはチキンスープのチキンをほぐして、ヨーグルト、バルサミコ、レモン汁、オリーブオイルのドレッシングで!

DSC09774.JPG

 

2009年頃なので、お料理がダサいですな。。。笑~~

まあ、こんな時代があったということで^^

 

A's Kitchen。

 

自炊@ハワイ#2

| コメント(0)

DSC09796.JPG

 

前回の続き。

ハワイでのA's Kitchen。

2009年のお料理なのであしからず(^^;;

 

 

前回は、自炊二日目でした。

どうせなら自炊一日目も紹介するね^^

 

写真は買った食材たち。

これらの食材でハワイでクッキング~~~~

 

DSC09847.JPG

 

まずは、チキンをマリネ!

白ワイン、ビネガー、セロリ、タマネギ、レモンと漬け込み。。。

DSC09833.JPG

 

アスパラガスを茹でて~

DSC09834.JPG

 

トマトソースを作り~

※シャンパン飲みながら♪♪

DSC09832.JPG

 

パスタを茹でて

DSC09838.JPG

 

パスタを茹でている間に、マリネしたチキンと、粉をつけた白身魚をソテー!

 

DSC09840.JPG

 

こんな段取りで出来上がったのがこんなお料理!!

チキンサラダ、トマトソースのパスタ、白身魚のソテーとアスパラバスソテー

 

DSC09845.JPG

DSC09846.JPG

DSC09844.JPG

 

二日目のお料理は前のページに掲載してあります!

 

翌日のディナー >>> A's Kicthen。自炊@ハワイ#1 

 

一日目の残り物でこんなのを作りました~

 

DSC09913.JPG

 

A's Kitchen。

自炊@ハワイ#1

| コメント(0)

DSC09913.JPG

 

たまにはハワイネタで。

 

ハワイで自炊を始めたきっかけは、私のこの発言から。

I was a housewife for 24 years!

 

主婦暦が長いのよ!ってところです(^^;; (^^;;

 

ヨパライで豪語した。。。爆!!!

 

というのは、

一緒に旅をしていたMPが自炊好きでけっこう私にお料理をふるまってくれたのだけど、、、

※MP・・・私のハワイのアメリカ人友人兼旅のナビゲーター

 

私の方がお料理が上手に作れるって言いたかったのかなー

 

「では、その主婦暦の長い人、僕にご飯を作って!」とMPに言われて、ハワイのマーケットでお買い物。

 

DSC09966.JPG

 

それで作ったお料理に。。。

 

MPは大感激!

「美味しい!美味しい!すごいよ!」

 

あけみと料理???

ってところで、意外性で美味しかったのかもしれないが。。。(^^;;

 

さて、前置きが長くなりましたが、

ある日の自炊@ハワイ!

 

DSC09913.JPG

 

これは、実は自炊の2日目。

前夜の残り物を上手に使って作ったお料理です。

 

マッシュルームのブルスケッタ。

オリーブオイルにガーリックの香りを出してからマッシュルームを炒め、

白ワインでしんなりさせてから、バルサミコ風味に味付けしたものをバゲットの上に乗せたもの。

イタリアンパセリがあると尚よし。

ホノルルのイタリアンレストランで食べたものを再現。

 

DSC09914.JPG

 

それから、無難にカプレーゼ。

私のカプレーゼは、トマトとモッツァレラチーズの間に細かくカットしたオリーブが入ってる!

これは、リストランテ勤務のソムリエのお友達に教わった食べ方。

淡白なチーズとトマトに、オリーブの塩気が入ると美味しいの^^

 

DSC09919.JPG

 

それから、白身魚のソテー。

前夜も作ったお魚料理。

MPのリクエストで。

「もう一度食べたい!」って^^

前夜と少しかえて、アスパラ、マッシュルーム、ケッパー、オリーブのバターソースを。

 

DSC09918.JPG

 

パスタは、シンプルにオイルベースで。

前夜作ったチキンソテーをほぐして具にしてます。

 

DSC09917.JPG

 

MPにこれらのお料理を作ったのは2009年。

あれからだいぶたつからねー

お料理の腕はかなり上がっているので、MPが今の私のお料理食べたらビックリするだろうな(^^;;

 

A's Kitchen。

P1159173.JPG

 

私のお昼ご飯。

ハンバーグでした。

付け合せは冷蔵庫に入っていたボイルしたジャガイモ。

皮をむかずにそのまま切って、オリーブオイルとローズマリーでソテー。

P1159175.JPG

 

この時のソースは、エリンギ入りで。

赤ワイン、ドミグラスソース(少量パックのもの)、冷凍されていた牛肉赤ワイン煮のソース、トマト缶(冷蔵庫に残っていたもの)をチキンスープでのばし、、、

オイスターソースでコクを出して、スイートチリソースでチョイ辛の隠し味。

(※たくさんの調味料を使う時は、引き算しないととんでもない味になるので注意してね(^^;;)

最後に生クリーム。

ソースはそれぞれのご家庭にあるもので!

ケチャップとソースでもいいし^^

 

私のハンバーグは評判イイ!!

結婚した息子に「これ、美味い!どうやって作るの?」と聞かれたくらい。

今頃気づいたか。。。って感じだよ(^^;;

初心者主婦の頃は料理下手だったけど、このハンバーグはこの10年近く作ってきたものなのにw

 

天国の夫がハンバーグ好きだったもので。

あれこれダメだしされ続けた十数年間。

ある時に見つけたどこかのシェフのハンバーグレシピに目からウロコ!

「(゜∇゜ ;)エッ!?こんな作り方だったの?」

 

さあ。

今日は、その目からウロコの作り方です。

この作り方でもう何年もやっているので、多少は私の作り方にかわっておりますが。

 

★コツ1

 

私のハンバーグは、肉を混ぜる前の卵液の調味料が少し違う



 

炒めたみじん切りタマネギ、牛乳に浸したパン粉ににマスタード、ケチャップ、中濃ソースを入れる。

 

あとナツメグね!

 

今、我が家にはナツメグがないので、オールスパイスっていうのを使ってます。



これをお肉と混ぜる前によーく混ぜておくの!

 

 

。。。追記。。。

 

お肉は、、、何グラムかわからないけど(^^;;

 

4人分で、卵液の材料は下記の通り。

 

◆卵1個

◆タマネギ2分の1個をよく炒める

◆パン粉だいたい大4

◆牛乳はパン粉がやわらかくなる量。だいたいパン粉と同量よりちょっと多め

◆ケチャップ大2

◆マスタード大1(フレンチマスタードがベスト)

◆ソース少々

◆ナツメグ、わりと多め

 

t02200293_0480064010433167438.jpgt02200293_0480064010433167433.jpg



塩コショウしたお肉を、この卵液に入れる。

 


★コツ2

 

あまり混ぜ混ぜしないこと



手でこねる必要はありませぬ!


私は木べらでさくさくって混ぜるだけ。


こねる必要がないとはいえ、卵液とお肉が均等に混ざるまで混ぜてね^^

 

 

。。。追記。。。

 

形を作ったら、ハンバーグをキャッチボールして空気を抜いてから焼く!

 


 

★コツ3

 

焼き方は片面強火、焼き色がついたら裏返して弱火、赤ワインを少々入れて蓋をする

 

裏返したら辛抱強く弱火にして待つ!


肉汁が出てくるまでとにかく弱火で待つ(8分くらい)


肉汁が出てきたら、蓋をしたまま火を消して予熱で火を通す。

 

 

 

P4308994.JPG

 
サイドメニューはその時の気分で。
 
この時は、カブのピュレと小松菜のバターソテー。
 
 
目玉焼きもありだよね^^
 
こんな感じでココットに入れて。
 
 
P8120871.JPG
 
目玉焼きをつぶして~~~
 
***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪
 
 
P8120873.JPG
 
 
 
和風ハンバーグの時は、卵液にケチャップを入れずにお醤油少々。
 
 
和風ソースと大根おろしで。
 
P2226673.JPG
 
 
A's Kitchen。
 

P6145880.JPG

 

これは前菜になるのか?

添え物なのでちょっと違うかもしれないけど、シャンパンのおつまみにイイshine

簡単だし^^

 

ピクルス液に火を通して冷まして。。。

 

P6145874.JPG

 

私のピクルス液は、白ワイン、水、お砂糖、リンゴ酢、白バルサミコ、ニンニク、赤唐辛子、ローリエ、粒コショウ。

味をみて、自分の好きなスッパ加減、甘さ加減にするので、いつもテキトー(^^;;

 

そうして一瞬茹でたお野菜を入れて、ディルも入れて出来上がり!

 

P6145880.JPG

 

お野菜はキュウリ、セロリ、人参、大根、カブ、など。

すぐには食べられないけど、長期間保存できるからあると便利だよ^^

家飲みの時に「何かないかな~」ってピクルスを出すことしばしば。

 

季節でお野菜をかえて、ピクルス液もそれに合わせてプラスアルファ。

例えば。

柚子の季節は、柚子の絞り汁を入れたり。

お野菜は、レンコン、赤カブ。

PC103375.JPG

 

カレー味のピクルスなら、クミンを入れても美味しいかもね^^

カレー味ならお野菜はレンコンかなー

 

A's Kitchen。

 

PC308783.JPG

 

年の瀬のある晩。

お友達のR子たんに「来年は、あけみちゃんのおせち料理を売りなよ」と提案され。

何気にFacebookに「来年、販売しようかなー」とつぶやいたら、、、

なんと、オーダーをいただいてしまいました~★

 

私が作るおせち料理は「洋風」で。

オーソドックスなおせち料理は普通に作れるし、買ってこられるからね。

メニュー考案期間が短かったので、凝れなかったのが残念。

保存がきくものが基本なので、魚介のナマモノは酢漬けにして、生の葉っぱものは使わず。

 

で、こんな感じにしました。

 

A's Kitchen.JPG

 

今回、急だったので使い捨てのお重が間に合わず。

もうやんカレーのオーナー辻さんにお願いして、ケータリングで使っている容器を譲ってもらいました。

助かった!感謝、感謝!

 

お正月なので、人参もそれ風に。

PC308768.JPG

 

この人参、ヤツ頭、芽キャベツは洋風お煮しめに使った。

お味噌をといたコンソメスープで(和洋折衷!)味を煮含め。。。

豆乳、生クリーム、バターでクリーム味に。

P1028924.JPG

 

盛り付ける際に、手まりの生麩も添えて。

PC308792.JPG

メニュー

★車海老とズッキーニのトマトバジルチーズクリーム、アメーラルビンズ
★生クリーム風味の洋風栗きんとん
★やわらかタコとディル風味のピクルス
★キッシュ
★手作りあん肝の柚子味ポン酢とコンソメの二層ゼリー寄せ
★鶏レバーのベネッツィア風
★洋風クリームお煮しめ
★カッテージチーズ黒豆
★鶏テリーヌ

 

ちょっとボケてるけど、鶏のテリーヌは、予めレバーと鶏肉に火を通してから撹拌して固めるという技で。

保存食だから、いつものパテは入れる勇気がなかった(^^;;

PC308798.JPG

 

人気の洋風栗きんとんは、甘味を抑えたスィートポテトのような風味。

デコレーションクリームっぽく。

車海老はフレンチドレッシングにマリネして、ズッキーニとクリームチーズと添えて。

キッシュはいつもの。。。(^^;;

PC308783.JPG

 

鶏テリーヌ用に準備したレバーが残ったので、急遽、フォンドボー味で煮て、レバーのベネッツィア風も。

(これもボケてるね。。。)

PC308802.JPG

 

ゼリー寄せは、手作りあん肝が入っています。

ゼリーは、あご出汁とコンソメスープに柚子を絞ったものと、ポン酢ジュレの二層。

 


別の容器には


★牛すね肉赤ワイン煮
★手作りあん肝、手作り洋風伊達巻、市販の市松チーズ
★京人参洋風ナマスとこはだマリネ
★洋ナシコンポート

 

PC308788.JPG

PC308785.JPG

P1018849.JPG

PC308775.JPG

 

 

京人参の洋風ナマスは、こちらからヒントを得た!

ビストロで食べたキャロットラペ。

 

PC228709.JPG

 

「これ、オレンジが入っているんですか?」ってスタッフに聞いたら、レモンとオリーブオイルのみと。

そこで、私はオレンジを使おう!ってヒントが。

そして、おせち料理なので京人参を使用。

オレンジドレッシングとレーズン、クランベリーを使って作りました。

これは、作って四日目の本日も食べて美味しいと思えるお味でした!

 

伊達巻は、洋風なので、甘目をかなり抑えて生クリーム、タマネギ、ベーコンも入れて。

 

来年は、お重を用意してもっと素敵に作るぞー♪

 

 

A's Kitchen。

 

 

このページのトップへ

manani


2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

記事一覧


最近のコメント

アイテム

  • DSC09774.JPG
  • DSC09764.JPG
  • DSC09770.JPG
  • DSC09761.JPG
  • DSC09746.JPG
  • DSC03281.JPG
  • DSC09778.JPG
  • DSC09776.JPG
  • DSC09777.JPG
  • DSC03285.JPG
フードソムリエにてレシピ公開中!
A's Kitchen
ma*nani通信Akemingのステキな日々
ma*nani通信Akemingのステキな40代